家庭菜園
<<目次

病気>> 害虫>>

ミニトマト


栽培方法

ミニトマトは、種から育てる方法と、苗を買ってきて育てる方法があるよ。種から育てるのはちょっと大変。野菜づくりの初心者には、苗から始めるのがオススメ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 10〜35℃。中南米の山岳地帯がふるさとで、日光がよく当たる乾いた気候が好き。気温が25〜30℃くらいのときに、いちばんよく育つ。
作ってみたい品種 赤、オレンジ、黄色、そして球形、だ円形、洋なし形とたくさんの品種がある。いろんな品種にチャレンジしよう。
連作障害 あり(4〜5年間は同じ場所に作付けしない。連作する場合は接ぎ木苗を植える)
ここに注意! 水やりは少し。風通しをよくして、日にたくさん当ててやろう。
関連記事 連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに
手軽に早どりできるトンネル栽培
果菜類の追肥のポイント
果菜類の基肥入れは早めに、入念に


育て方
(1) 苗を植える2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料120g/m²を入れて畝を作る。 (2) 40cm間隔で苗を植える。植える場所は土を30cmくらい盛って高くしておく。 (3) 定植してから5〜6日後、つぼみの反対側に支柱を立てて、ひもで結ぶ。

(4) わき芽が出てきたら、つまみ取る。本枝が大きくなったら、ところどころ、ひもで支柱に結ぶ。
最初の果実が肥大してきたら化成肥料120g/m²を追肥する。その2週間後にも追肥する。
(5) 花が咲いて1か月後くらいから収穫できる。赤く熟したら、1粒ずつもいで収穫! (6) ミニトマトは本葉が7〜8枚出ると最初のつぼみが出る。その後は3枚出るごとにつぼみが出る。だから、果実はいつも同じ側に出る。支柱をつぼみの反対側に立てるのはこのためだ。

         
(7) 葉がしげりすぎると、果実のつきが悪くなってしまうことがあるんだ。それに、わき芽がのびて葉がしげると、果実に日が当たらなくなって、おいしいミニトマトができなくなってしまう。おまけに、風通しも悪くなって病気にかかりやすくなる。わき芽をつんで葉っぱを整理整頓しよう。


栽培ミニ知識
■植える場所に土を高く盛るのはなぜ?
 水はけをよくして、土を乾燥気味にしておくためだ。トマトは、やや水不足な方が甘くなる。水を多く与えると果実の水分が多くなって、甘みが薄まってしまうんだ。乾燥気味だと果実の水分がやや多くなって、味が濃くなるよ。
 定植から1週間くらいしたら、水やりは少しにしよう。葉が丸まってしまうくらいまで、水はやらなくても大丈夫だよ。
 水不足が続いたあとに雨が降ったり、水をたくさんやりすぎると、ミニトマトは急に水を吸収し始めるんだ。果実にもたくさんの水が送られる。すると、果実がふくらむのに皮がついていけず、破けてしまう。乾燥気味に作るので雨にも注意が必要だよ。
 

トップページ

トップページ